FC2ブログ
神奈川県 川崎市多摩区 菅地区にある個人ピアノ教室のご案内です♪東京都稲城市にも近い教室です。
ピアノの初心者を指導する時に伝え方が難しいものの一つが脱力です。一生懸命がんばって弾く子(人)ほど腕がガチガチになってたりします。腕や手首がガチガチだと指も思うように動かないので音もガチガチに・・。
「もっと手首の力を抜いて」とか「リラックスして弾こう」とかの声掛けで一瞬ちょっとだけ改善することが多いけれど、次周になると、またすっかり元の状態に戻っていたりします。
それでも力を抜くことが大事だと言い続けながら、ピアノを長く弾いて行くうちに力を抜き方を自然に覚えていく子(人)が殆どだと思います。
 だけど、なるべく早い時期に脱力が出来て正しい手の形で弾いてほしいです。

先日、やはりずっと腕と手首に力が入りそのために手首が下がってしまう子のレッスンをしました。
発表会ではバッチリ弾いてくれたので、さらにレベルアップを目指したい、とレッスンに熱を入れていた時に閃きました。
「腕と手首は使わずに、指だけで弾いてみて!」
効果てき面!手首が自然と上がり指先もしっかり打鍵し、今までになくやわらかいメロディを奏でられたんです。
私 「あ、いいねー!どう?」 生徒 「うん、なんかすらすら弾けた!」
お互いに嬉しい瞬間でした。

今まではその子には手首を柔らかくするために手首を使ってみよう、と教えていました。少しは良くなるけれど、次週には
戻ってしまうという感じでした。あえて逆のことを言ってみたらよかったみたいです。
今日はその一週間後のレッスンでしたが、もとには戻っていませんでした。

他の生徒さんに同じ指導をしても上手くいかないかもしれません。
一人一人捉え方も違うから。
教えることは奥が深いです・・・・・。

 

【2015/04/16 23:26】 | レッスンの一コマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック